ニュース

シンポジウム

2018.06.19Tue

【終了しました】みずつち座談会「対岸に橋を架ける―異文化を生きるアーティストたち」


mizutsuchizadankai1-1


隣国の文化を体験することで自らを相対化し、互いのあいだに想像力の橋を架けようとする北東アジア―中国、韓国、ロシア、日本-の作家たち。そんな作家たちの体当たりの挑戦に光を当て、新潟の未来を語るトーク。

出演:阪田 清子、山内光枝、潘逸舟、荒井経

ファシリテーター:塩田 純一(水と土の芸術祭2018アート・ディレクター)

日時:平成30年7月15日(日) 10:00~12:00

会場:天寿園 ホール

定員:先着40名まで

申込:6月20日(水)より受付中。

「かんたん申し込み」またはFAXにてお申込みください。

◆「かんたん申し込み」でお申し込みの場合

PCの方はコチラ

携帯電話の方はコチラ

スマートフォンの方はコチラ

◆FAXでお申し込みの場合

「対岸に橋を架ける」と明記の上、①氏名、②住所、③年齢、④電話番号、⑤FAX番号を記載し、水と土の芸術祭2018実行委員会事務局(025-226-0050)までFAXをお送りください。

チラシのデータはコチラ(PDF:437KB)

※参加費は無料です。