• 2018.10.12 Fri
  • 芸術祭のみどころ・歩き方
  • 平岩 史行

市民が主役の水と土の芸術祭。

水と土の芸術祭2018閉会の挨拶と、挨拶後のことを書きます。挨拶は記憶からなので正確ではないかもです。

43753638_1750824475043760_392839196613541888_n

「みなさま87日間お疲れさまでした。実行委員会が立ち上がってからだと約1年半ですね。事務局の皆様、関わってくださった皆様、アーティストの皆様、ありがとうございました。本当にお疲れさまでした。
新潟市には素晴らしい歴史、文化、ものがあります。芸術祭はそれを知るきっかけになりますし、今回の芸術祭もそうであり、素晴らしい芸術祭だったと思います。
アーティストの外からの視点、市民の内からの視点で、新潟市を表現するこの芸術祭はとても素晴らしいものだと思います。
実行委員長の篠田市長から今回で水と土の芸術祭は幕引きという話が出ましたが、この芸術祭はすでに市民が主役です。市民が不在ではありません。なので実行委員長が幕引きと言っても幕は引けません。各市民プロジェクトは大きく成長しています。市民プロジェクトを例えるなら木のようです。木はゆっくり育つものです。文化と同じようにです。
少しずつ少しずつ成長し、今回大きな木になって、花を咲かせたと思います。その花が、関係者だけではなく地域の人、地域の外の人、今まで知らなかった人を呼び始めたという感触を感じました。いずれその木々の花は実に代わり、その実を誰かが受け取り、今度はその人たちが育て、芽を出し、花を咲かせ、また実を結ぶことになるはずです。
なので、閉会の挨拶ですけど、締めません。ここで終われません。次回の2021年は市民主導で芸術祭を開催できるように頑張りたいと思います。皆さん一緒に頑張りましょう!みんなで実現させましょう!そして、3年後またこの場所ではないかもしれませんがクロージングパーティーで会いましょう!」

という話をしました。

43745621_1750824478377093_4845199722408837120_n



降壇後は、市長のところへ行き握手しました。市長は「それこそが水と土の芸術祭の理想だ。頑張ってほしい」と言ってくださいました。

藤ディレクターは嬉しそうな顔をして「締めなかったねー!」と言ってくれました。
谷総合ディレクターは、「アートプロジェクトはやろうと思えばできる。でもこれだけの市民プロジェクトをやるのは簡単ではない。やろうと思ってもやれない。でも新潟市は実現している。だから頑張ってほしい」と激励してくれました。

正直、目指すと言ってみたものの自信はないんです。だけど、芸術祭に関わってくれた人、芸術祭を通して出会った人、この日会場に来てくれた人たちから「続けてほしい」と言う声が多く出ました。それと、わずか9才の少年が中心となって活躍した企画もありました。それらのことが、背中を押してくれる、一緒に目指してくれると思いました。

集合写真も添付しましたが、関わった人全員ではないし、実は会場にいた人も写真に入りきれていないのです。それだけ多くの人が主役となってこの芸術祭を作っているのです。

43788729_1750824525043755_6594756269637107712_n

新潟市って、本当に良いところだなーって思います。もっと良いところになるように頑張ってみたいと思います。

(写真撮影:小林忍さん)

平岩 史行
平岩 史行
みずつち市民サポーターズ 代表 http://mizutsuchi.com/ 水と土の芸術祭2018実行委員会 副実行委員長

一覧に戻る

同じカテゴリーの記事

市民が主役の水と土の芸術祭。
水と土の芸術祭2018閉会の挨拶と、挨拶後のことを書きます。挨拶は記... 続きを読む
東京から日帰りで楽しむ、新潟の街と歴史と水と土の芸術祭<...
新潟砂丘の上一帯は、NSG美術館やゆいぽーとのほか、小さな展示会場... 続きを読む
東京から日帰りで楽しむ、新潟の街と歴史と水と土の芸術祭<...
夏の暑い日、ちょうどぽっかりと一日自由に時間が使えることになった... 続きを読む
土と水の新潟へ!
土地の名前というのは、多かれ少なかれその風土を想起させる。とはい... 続きを読む
なぜ?水と土の芸術祭のサポーターを続けているのか?
水と土の芸術祭2018が、早いものでもう半分以上終わってしまった!!... 続きを読む
水と土の芸術祭2018レポート
Tokyo Art Beatの田原です。 3度目の水と土の芸術祭に行ってきまし... 続きを読む
地域拠点プロジェクト 天昌堂プロジェクト2018
天昌堂プロジェクトは、水と土の芸術祭の中でも、「アートを活用して... 続きを読む
インタビュー|新潟の「場」が持つ力をつたえたい
水と土の芸術祭に市民プロジェクトが組み込まれた2012年に出演者公募... 続きを読む
インタビュー|「ナデガタさんたちが種を蒔いてくれた」
水と土の芸術祭2012参加作品「ONE CUP STORY」(ナデガタインスタン... 続きを読む
インタビュー|水と土の芸術祭2018アートプロジェクト 新潟...
この春新潟市美術館館長を退任した、水と土の芸術祭2018のアート・デ... 続きを読む
新潟市「水と土の芸術祭2018」MEGA BRIDGE—つながる。出会う...
Local.Biz編集長の近藤ヒデノリです。広報施策に関わらせて頂いてい... 続きを読む