磯辺行久Yukihisa Isobe

東京藝術大学美術学部卒業、ペンシルベニア大学大学院修了。M・ポール・フリードバーグ環境設計事務所、ニューヨーク市公園課などにプランナーとして勤務、1975年(株)リジオナル・プランニング・チーム設立。

【English】 【한국어】 【中文(簡体字)】 【中文(繁體字)】

作品

栗ノ木排水機場は近代農業土木の原点となった。  

会場:旧栗ノ木排水機場

鳥5

photo:Osamu Nakamura

1948年に竣工し、東洋一と呼ばれた栗ノ木排水機場は、湿地が広がっていた旧亀田郷の水を人工的に排水し、巨大な低湿地帯を豊かな田園地帯へと変貎させました。近代農業土木のシンボルともいえる遺構の一部を掘り出し、かつての水位を表示することで、鳥屋野潟周辺の土地や歴史を、海面潮位の変化との関わりで体感させてくれる作品です。

アーティスト一覧に戻る