柳根澤Yoo, Geun-Taek

1965年生まれ、韓国・牙山(アサン)出身。弘益大学校美術学部東洋画科卒業、同大学院修了。東洋画と西洋絵画の枠を超え、韓国紙に墨や胡粉、水彩やテンペラを用いて独特の世界観を描く。韓国や日本などで個展等開催。現在、誠信女子大学校教授。

【English】 【한국어】 【中文(簡体字)】 【中文(繁體字)】 Webサイト:http://www.geuntaek.com/

作品

A Landscape, Flowing Down  

会場:NSG美術館

砂12

《A Landscape, Flowing Down》 2014

室内や風景の中に増殖していく植物や物体などを描き、平凡と異常、生成と消滅、実在と幻影といった対立項を、魔術的な印象で描いています。今回「環日本海」の「水」をテーマとしたNSG美術館の会場では、湖面に映り込む風景が反転した、幻影のような水景を描いた《A Landscape, Flowing Down》シリーズの大作2点を出品いたします。

対話―砂丘列で潮音を聴きながら  

会場:北方文化博物館新潟分館

砂25

柳根澤《Your Mind》 2018

コラボレーション企画 荒井経×柳根澤

日本、中国、韓国など東アジア諸国は絵画表現で多くの共通性があります。そうした国々の画家であり、研究者である荒井経や柳根澤は今回の芸術祭で、晩年會津八一が住んだ北方文化博物館新潟分館でそれぞれの作品を対話するように展示します。1階では「人と街」をテーマに公園の水と木、2階(潮音堂)では「人と自然」をテーマに海とグミの木が描かれます。現代風屏風仕立ての絵画を眺めつつ、潮音に耳をそばだてるという趣向です。



【English】 【한국어】 【中文(簡体字)】 【中文(繁體字)】

アーティスト一覧に戻る