占部史人Fumito Urabe

1984年生まれ、愛知県西尾市出身。愛知県立芸術大学博士後期課程修了。真宗の寺院で生まれ育ち、幼少の頃から仏教思想の影響を受ける。すべてのものが流転することをテーマに、拾い集めた素材を用いた作品を制作。

【English】 【한국어】 【中文(簡体字)】 【中文(繁體字)】 Webサイト:https://www.fumitourabe.com/

作品

浮き寝の旅 Drifting Through

会場:サテライト会場

砂3

《赤い米の来た道》 2016

海に浮かぶ島々、それらを結ぶさまざまな船、島の暮らし、航海などをテーマに、素朴で愛らしいオブジェやドローイングで構成したインスタレーションを制作。日記を紡ぐように、海岸で日々拾い集めたものを素材にした作品は、彼の手によって新たな命が注がれます。今回は滞在制作しながら、新潟の海岸で拾った流木や石などが発する声なき声を作品化することで、ものに宿る〈過去〉と新たな〈未来〉を繋ごうとしています。そこには、〈輪廻転生〉の思想が息衝いています。

アーティスト一覧に戻る