森北伸Shin Morikita

1969年生まれ、愛知県出身。人や家などをモチーフに絵画や彫刻作品を2009年「Kami 静と動現代日本の美術」、16年「あいちトリエンナーレ2016」などで発表。17年「so alone」「遠くからでも見える人」を開催。

【English】 【한국어】 【中文(簡体字)】 【中文(繁體字)】

作品

耕す家 Cultivate house

会場:メイン会場

万1

《ライムライト(街の灯)》 2016

原初的な〈人と家〉にまつわるテーマを掲げながら、場と環境に深く関わる彫刻や絵画は普遍的でシンプルな形状ですが、どこかユーモアもたたえた作風。今回は、人間の営みを象徴する家型の作品。雨水を集める逆勾配になった真ちゅうの屋根の上に鍬を持つ人の像がシンボリックに置かれ、自然と人間との共生を願う象徴としての〈家〉を具現化。室内は、新潟を意識し〈砂〉を塗り固めた壁面に原始時代の洞窟壁画のようなドローイングを描く構想です。

アーティスト一覧に戻る